MT3.x RPCでbasenameも指定して投稿する。

MT3.x RPCでbasenameも指定して投稿したい場合、XMLRPCServer.pmをちょこっと編集しする。

210行目あたり、

    $entry->discover_tb_for_entry();
    $entry->save;

の上に、

    $entry->basename($item->{mt_basename})  if $item->{mt_basename};

を追加。

投稿するXML上では、

<member><name>mt_text_more</name>
<value>moreの値</value>

</member>
の下に、

<member>

<name>mt_basename</name>
<value> basenameの値</value>

</member>

を追加。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MT3.x RPCでbasenameも指定して投稿する。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.re-labo.com/mt/mt-tb.cgi/23

コメントする

このブログ記事について

このページは、ひろろが2008年2月24日 20:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Mt3.xのインポート時に再構築もしちゃう。」です。

次のブログ記事は「VBAで正規表現を使う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

日本の借金時計


なかのひと


Firefox3 Meter
Chrome Counter 携帯アクセス解析

どこ?

どここjpの位置取得サービスを利用しています



Yahooログロール



ジオターゲッティング


ジオターゲティング

amazon