Mt3.xのインポート時に再構築もしちゃう。

ImportExport.pmをちょこっと編集して、インポート後に再構築もかけちゃう。

importメソッドの最終行の }の前の「$import_result;」の前に

#rebuild add by hiroshi
$cb->("再構築開始します");
$cb->("\n");

#mt-config.cgiのぱす環境によってかえる。
    my $configpath="/home/hoge/www/cgi-bin/hoge/mt-config.cgi";                                    
    my $mt=MT->new(Config=>$configpath) or return $class->error(MT->translate("Config Errror"));
 #$global_blog_idはわかっているときはその値を、わからないときは、 120行目の「my $blog_id = $blog->id;」の

#次の行に。「$global_blog_id=$blog_id;」をいれる。
    $mt->rebuild(BlogID=>$global_blog_id)  or return $class->error(MT->translate("Rebuild Errror"));
    をいれる。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Mt3.xのインポート時に再構築もしちゃう。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.re-labo.com/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする

このブログ記事について

このページは、ひろろが2008年2月24日 20:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MT3.xのemportでblog_idとbasenameを吐き出す。」です。

次のブログ記事は「MT3.x RPCでbasenameも指定して投稿する。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

日本の借金時計


なかのひと


Firefox3 Meter
Chrome Counter 携帯アクセス解析

どこ?

どここjpの位置取得サービスを利用しています



Yahooログロール



ジオターゲッティング


ジオターゲティング

amazon