MT3.xのimportでblog_idとbasenameを指定しちゃう(MT3.3)

「$MT$lib/MT/」にある、「ImportExport.pm」をちょこっと編集して、インポート時、blog_idとbasenameもインポートできるようにする。

※entry上は、更新日となんか(たぶんtitle?)が一緒だと上書きされるみたいだけど、「mt_placement」テーブルのデータはひたすらinsertされてしまうみたい。あとで、distinctして消す必要あり。

do_importメソッドの、320行目あたりの

                        elsif ($piece =~ s/^KEYWORDS:\r?\n//) {
                            $entry->keywords($piece) if $piece =~ /\S/;
                        }

のしたに

        elsif ($piece =~ s/^BASENAME:\s*\r?\n//) {
                $entry->basename($piece) if $piece =~ /\S/;
            }
            elsif ($piece =~ s/^ENTRYID:\s*\r?\n//) {
                $entry->id($piece) if $piece =~ /\S/;
            }

を追加。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MT3.xのimportでblog_idとbasenameを指定しちゃう(MT3.3)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.re-labo.com/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

このブログ記事について

このページは、ひろろが2008年2月24日 19:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「linux上で1ディレクトリ内に作成できる最大ファイル数」です。

次のブログ記事は「MT3.xのemportでblog_idとbasenameを吐き出す。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

日本の借金時計


なかのひと


Firefox3 Meter
Chrome Counter 携帯アクセス解析

どこ?

どここjpの位置取得サービスを利用しています



Yahooログロール



ジオターゲッティング


ジオターゲティング

amazon