2009年3月アーカイブ

・ユーザ追加
GRANT <権限> ON <適用範囲> TO <ユーザー名>[@<ホスト名>] IDENTIFIED BY '<パスワード>';
<権限>:all,alter,CREATE,DELETE,dROP,INDEX,INSERT,LOCK TABLES,SELECT,UPDATE,GRANT OPTION
<適用範囲>:
全部だったら*.*。dbだったら、データベース名.*


・ユーザ削除
DROP USER <ユーザー名>[@<ホスト名>]

・ユーザ権限の確認
SHOW GRANTS [FOR <ユーザー名>[@<ホスト名>]];
・ユーザ一覧
SELECT User, Host FROM mysql.user;
☆管理ユーザ作成時は
WITH GRANT OPTION
付加する。
mongrel_rails start -d -e ○○○ -p △△△ 


-B:デバッグモード
-e:production,development,test
-p:ポート番号
--prefix=/xxx:xxxをサブディレクトリとして起動できる。



rakeタスク 一覧
rake -T 

■rake db:abort_if_pending_migrations

実行されてないmigrationを教えてくれる。

■rake db:charset

データベースの文字コードを教えてくれる。

■rake db:collation

データベースの照合順序を教えてくれる。

■rake db:create

database.ymlの内容でデータベースを作る。

−「RAILS_ENV」オプション

productionのが作りたければrake db:create RAILS_ENV=production

■rake db:create:all

database.ymlに定義してあるデータベースを全部作る。

■rake db:drop

createの逆。

■rake db:drop:all

create:allの逆。

■rake db:migrate:redo

migrationを指定STEP数だけやりなおす。

STEPの指定はSTEP=nで。

■rake db:migrate:reset

drop、create、migrate全てやる。

■rake db:reset

drop、create、schema.rbから復帰させる。

■rake db:rollback

migrationのバージョンをSTEP=nで戻す。

■rake db:version

現在のマイグレーションのバージョンを教えてくる。

日本の借金時計


なかのひと


Firefox3 Meter
Chrome Counter 携帯アクセス解析

どこ?

どここjpの位置取得サービスを利用しています



Yahooログロール



ジオターゲッティング


ジオターゲティング

amazon