Excel: 2008年8月アーカイブ

エクセルで、vlookupは、参照される一覧のキーはソートされていなければならない。

何かとソートできないときがある。

その時にはマップを利用して解決。マップをグローバル宣言し、ブックオープン時、一気に登録する手順で行う。

今回は仕訳入力で、勘定科目コードを入れたら、勘定科目名を表示するようにする。

 

1)コード一覧(勘定科目コード一覧)のシートをつくる。

※コードはソートする必要はない。

 

勘定コード.GIF

2)マップを管理するモジュールをつくる。

コードは下記とおり

Public mapReCDFName As Object 'マップの宣言


Public Sub SetMapS()

    Dim key          As String
    Dim value        As String

    'データ投入
    '勘定科目CDをキー、値を勘定科目名とし、マップに登録する。
    Set mapReCDFName = CreateObject("Scripting.Dictionary")
    Sheets("勘定科目コード一覧").Activate
    For i = 1 To 10
        key = Cells(i, 1)
        value = Cells(i, 2)
        Call mapReCDFName.Add(key, value)
    Next

End Sub

 

Function ReKanzyouNameFCD(strCd As String) As String
    '勘定科目コードから勘定名を求める
    ReKanzyouNameFCD = mapReCDFName.Item(strCd)
End Function

3)ワークブックオープン時にマップ登録ルーチン(SetMapS)が走るようにする。

Private Sub Workbook_Open()
'ブックをオープン時、mapにキーと値を登録
   SetMapS
End Sub

 

4)入力シートで、ReKanzyouNameFCD関数を使い、求める(勘定科目名を)

入力.GIF

仕訳入力.xls

このアーカイブについて

このページには、2008年8月以降に書かれたブログ記事のうちExcelカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはExcel: 2008年3月です。

次のアーカイブはExcel: 2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Excel: 2008年8月: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01

カテゴリ

日本の借金時計


なかのひと


Firefox3 Meter
Chrome Counter 携帯アクセス解析

どこ?

どここjpの位置取得サービスを利用しています



Yahooログロール



ジオターゲッティング


ジオターゲティング

amazon