ひろろ のすべての投稿

ひろろ について

・渋谷某web屋でSEとして働いています。
・新卒時は、元某ファミレスで鍋ふっていました。
大卒後、5年2社の外食企業で働いていた関係で、
グルメにはこだわりがあります。
・飯田橋の富士通系の某中堅SierでPOS、店舗管理、物流管理システム等々の導入をちょっとやていた。
・RubyonRailsで日曜プログラマやってます。
・大学時代の専攻は福祉工学
卒論は
http://www.ritsumei.ac.jp/~bfit/reha_eng_15.htm
・出没場所
東高円寺、渋谷、新宿村スタジオ

wordpressでheadeタグ内の無駄なものを削除する。

wordpressでheadeタグ内の無駄なものを削除するため、functin.phpでremove関数をつかいます。その辺まとめたみた。

remove_action(‘wp_head’, ‘wp_generator’); wordpressのヴァージョンを表示する。 セキュリティ上よろしくないのでセット。
remove_action( ‘wp_head’, ‘wlwmanifest_link’ ); WLW(Windows Live Writer)を使って記事を投稿する場合は必要となる。やらないので削除。 基本やらない。セキュリティ的によろしくないので、セット。
remove_action(‘wp_head’, ‘wp_enqueue_scripts’, 1); 標準すくりぷとライブラリ。 テンプレートで、自分で指定するならセット。
remove_action(‘wp_head’, ‘rsd_link’); sd_link
投稿ツールなどを使ってリモート投稿をする場合は必要になります。
RSD(Really Simple Discovery)は外部アプリケーションの情報を取得するためのプロトコル。
基本やらない。セキュリティ的によろしくないので、セット。
remove_action(‘wp_head’, ‘wp_shortlink_wp_head’); wp_shortlinkは、日本語URL利用時用の、shortlink。記事NOのURLを表示。 URLをきちんと決めて、短いなら、セット。
remove_action(‘wp_head’, ‘rel_canonical’); 記事ページにrel=”canonical”を表示する 基本あった方がいい。自分でテンプレートにセットする場合は、削除
remove_action(‘wp_head’,’index_rel_link’); rel=”index” ブログの時はあっていいでしょう。CMSの時はセットするかは、臨機応変。
remove_action(‘wp_head’,’parent_post_rel_link’,10); rel=”up” 親階層 ブログの時はあっていいでしょう。CMSの時はセットするかは、臨機応変。
remove_action(‘wp_head’,’start_post_rel_link’,10); rel=”strat” ブログの時はあっていいでしょう。CMSの時はセットするかは、臨機応変。
remove_action(‘wp_head’,’adjacent_posts_rel_link_wp_head’,10); rel=”next”、rel=”prev”削除。 ブログの時はあっていいでしょう。CMSの時はセットするかは、臨機応変。
remove_action( ‘wp_head’, ‘feed_links’, 2 ); サイト全体、コメントのfeedのURLを出力する。 ブログの時はあっていいでしょう。CMSの時はセットするかは、臨機応変。
remove_action( ‘wp_head’, ‘feed_links_extra’, 3 ); 次のフィードへのURLを表示。Removeで削除
各投稿のコメント:投稿ページのコメントのフィード @シングルページ
カテゴリー:カテゴリーごとのフィード @カテゴリーアーカイブページ
タグ:タグごとのフィード @タグアーカイブページ
投稿者(作成者):作成者ごとのフィード @作成者アーカイブページ
検索結果:検索結果のフィード @検索結果ペー
ブログの時はあっていいでしょう。CMSの時はセットするかは、臨機応変。

これもプロジェクト

私は趣味として太鼓を習っており、毎年10月に発表会がある。今年も、先日無事終わった。

メンバは、20代から60代の男女10名で、職業、年齢、日本語を喋るが違う人種の方もいる。

9月に今年の課題曲が言い渡され、このメンバでハーモニをつくるプロジェクトが始まった。

仕事のように上司・部下・受注元などいう関係はないし、メンバにカリスマ性があるものがいるわけではない、しかもメンバの構成はめちゃくちゃ。

レベルも同じクラスとはいえ、結構差がある。先生に曲に関し指導をいただくが、あくまで手順や曲の意図を教えていただくだけだ。

しかし、この10人月近くのプロジェクトが、毎年きちんとハーモニーが出来上がり無事成功するのである。

普通プロジェクトマネジメントというと、協力なリーダシップを発揮するPM、タスクを細かに洗い出し、スケジュール管理が必須である。

上記のとおりのプロジェクトではそんなものは存在しない。あるのは、

1)ハーモニをつくるという目的に、個々が責任をもって、曲を覚え、努力する・・・「個人の強固な自己責任」

2)通常の練習の他に練習日を設けたり、教え合ったり、ここはどうしたらいいということを、話し合う・・・「コミュニケーション」

4)2)は、自主的に行われ、決定・行動に移される・・・「自主性」

3)強力なリーダーはいないが、一応連絡係はいる・・・「強力でないとりまとめ」

である。

「個人の強固な自己責任」、「自主性」、「コミュニケーション」、「強力でないとりまとめ」がプロジェクトの成功を導くのである。

企業のプロジェクトだと、もっと利害関係は、プロジェクトの要件の曖昧さ、阻害要因が大きいが、参考になると思う。

 

 

 

 

レスポンシブデザインにできなくて、スマフォサイトとPCを分ける時のgoogle君への対応

デザイン上どうしてもレスポンシブにできない時は、スマフォ用にURLをわける。
重要なのは、PC版とスマフォ版がそれぞれ存在しつつも同一の目的、内容のページであればそのことをgoogle君ににアノテーションで伝える。具体的には
PC側に、
モバイル側に
対でいれる。

・「」について
linkでのmedia属性はリンク先が対応するメディア。
media=””はメディアくえりで、画面でかつ、最大幅が640px(今andoroidのスマフォ縦横の最大だろう)。

なお、レスポンシブデザインで使う、ブレイクポイントは普通、iphon/androd縦の320pxまで、iphon/android横と一部android縦で768px、iPAD等のタブレットで960px,それ以上は随時。